グルメ

手軽に“なごやめし”を 小倉バター150g3本セット

3,135円 (税込・送料込)
手軽に“なごやめし”を 小倉バター150g3本セット
カートに追加する

本格“なごやめし”の小倉トーストをご家庭で

“なごやめし”のひとつとしても有名な『小倉トースト』は、愛知県の喫茶店の軽食として販売されたのが始まりとされています。厚めの食パンをトーストし、バターを塗って小倉餡を乗せて食べる文化は、他県では見られず愛知県の喫茶文化として根強く愛されています。
「小島食品製造株式会社」が開発した『小倉バター』は、本格的な小倉トーストを家庭でも気軽に楽しめるように販売されました。スプレッドに仕上げられており、トーストした食パンに塗るだけで美味しい小倉トーストになります。あんことバターの調合に気を配り、何度も試作を重ね誕生した『小倉バター』は、味に一体感があり、単にトーストにバターを塗って餡を乗せただけでは出せない味わいに仕上がっているのです。また、トーストだけでなく、焼き餅やアイスクリームにも合うので、日頃は食パンを食べない人でも、美味しく楽しめます。

甘じょっぱさと小豆の風味に思わずハマる

甘じょっぱさと小豆の風味に思わずハマる

香ばしく焼き上げたトーストに塗るだけで、愛知県で親しまれていた本格的な小倉トーストが楽しめる『小倉バター』は、小豆の風味を存分に堪能できるつぶあんで仕上げられています。頬張ると、風味豊かな小豆の香りとバターのコクのある風味が口いっぱいに広がる、至福の逸品です。あんこの甘さを風味豊かなバターでまろやかにしているので、甘すぎず何度でも食べたくなる味といえます。つぶあんの甘みとバターの塩味が素晴らしくマッチしており、甘じょっぱさがクセになるでしょう。

小倉バターをきっかけに東海地方に興味を持ってもらいたい

東海地方には、古くから独自の食文化があります。その東海地方のごちそうを愛知県名古屋市が中心となって全国に広めようとしているのが“なごやめし”です。これまで、東海地方に縁がなく“なごやめし”を食べたことがない人はもちろん、小倉トーストや小倉バターを食べたことがない人には、とくに『小倉バター』をぜひ一度味わっていただきたいです。名古屋ラベルを巻いた『小倉バター』をきっかけに、家族旅行やドライブの観光地として東海地方が選ばれるとうれしいと「小島食品製造株式会社」は語ります。
また『小倉バター』は、原材料に使われるあんこにも並々ならぬこだわりを持っています。やや小粒ながらも風味が良く、柔らかな北海道産小豆を使用して作られているのです。小倉バターの肝となる小豆にもこだわっているので、あんこ好きの人にもぜひ食べていただきたい逸品といえます。

安心して美味しく食べられるように工夫された製造工程

『小倉バター』は、分類上はスプレッドです。「小島食品製造株式会社」は、主にジャムを製造する会社ですが、スプレッドと呼ばれる商品も数多く販売しています。本当に美味しいものを製造するため、多様な商品を提供してお客様に喜んでいただくために、ジャムを超えたジャムを作ることを掲げ、最初に製造したスプレッドが『小倉バター』です。
ジャムとスプレッド、どちらも製造工程は同じで、安全に食べられるものを提供する上で手を抜くことはありません。原材料を秤量し加熱、糖度などを調節しながら『小倉バター』は製造されます。瓶に充填したあとは、殺菌工程を必ず実施しており、90℃の高温で20分間しっかりと殺菌。その後、丁寧に梱包されて、お客様のもとへと出荷されます。

創業100年の試作経験から生み出される美味しさ

創業100年の試作経験から生み出される美味しさ

創業から100年、さまざまな試作経験を持ち、常に美味しさを追求してきたからこそ、原材料の産地にも強いこだわりがあります。『小倉バター』も北海道産の小豆にたどり着いた結果、あんこ好きをも唸らせる美味しさに仕上がっています。

入念な試作を重ね1年

「小島食品製造株式会社」にとっての『小倉バター』は、初のスプレッド製造であり現在のヒット商品です。今やひと月で約3,000本を売り上げる人気商品ですが、ここまで売れるまでに約3年の歳月を費やしました。もともと“なごやめし”を意識せず、パンに塗るつぶあんとして商品化しようと開発していましたが、つぶあんだけでは粘度が高く、充填工程が上手くいかなかったのです。どうにか充填しやすくできないかと試行錯誤を重ね、バターを入れて粘度を調整したのが小倉バター誕生のきっかけとなりました。あんことバターの絶妙なバランスをはじめ、何度も食べたくなる味を追求し、試作に試作を重ね誕生したのが『小倉バター』です。

トーストだけじゃない!『小倉バター』の楽しみ方

トーストだけじゃない!『小倉バター』の楽しみ方

『小倉バター』は、製品の特性上バター由来の油分が表面に浮き出ることがあります。食べる前には、瓶の中でよく混ぜるのが美味しく食べるコツです。基本的には、トーストしたパンに、お好みの量を塗って食べます。しかし、“なごやめし”のひとつ『小倉トースト』を堪能するのであれば、厚めの食パンをトーストし、たっぷりと『小倉バター』を塗って食べるのがおすすめです。
そして『小倉バター』の魅力は、トーストだけにとどまりません。アレンジレシピとして、焼き餅や白玉と絡めて食べたり、バニラアイスに乗せて食べたりしても最高に美味しいひとときを楽しめます。

創業100年これからも東海地方に必要とされる食品メーカーであり続けたい

ヒット商品『小倉バター』を開発した「小島食品製造株式会社」は、試作を妥協しないのが譲れないポイントだといいます。これまでも『小倉バター』をはじめ、多種多様なジャムやスプレッドを試行錯誤しながら開発してきています。ジャムの概念を覆す桜の花弁や塩、味噌ピーナッツなどさまざまな商品開発で培ってきたノウハウは、他社には負けない自信があるのです。
そんな創業から100周年を迎えた「小島食品製造株式会社」ですが、現在はジャムやスプレッドの開発製造に加え、“こども食堂”の設立を計画しています。会社のある東海地方を誇りに思う気持ちや『小倉バター』を全国に広めて東海地方に興味を持ってほしいという地元愛から、今後は東海地方に必要とされる食品メーカーであり続けたいという目標を持って取り組み中です。美味しさと安全を追求し、こだわりを持って開発された『小倉バター』を、ぜひ一度食べてみてください。

商品詳細

・内容量
小倉バター 150g×3本
・原材料
つぶあん、バター砂糖、食塩、グリシン、乳化剤、ゲル化剤、香料
アレルギー:乳
賞味期限:製造日を含めて、製造日から365日
原産地(主なもの):北海道(つぶあん)
保存方法:直射日光が当たらない冷暗所にて保管
商品サイズ:(縦)95mm×(横)20mm×(高)65mm
配送方法:常温
製造者:小島食品製造株式会社