グルメ

『即席赤出し「豆女将」豆腐・ねぎ・三つ葉3本セット』

4,954円 (税込・送料込)
『即席赤出し「豆女将」豆腐・ねぎ・三つ葉3本セット』
『即席赤出し「豆女将」豆腐・ねぎ・三つ葉3本セット』
カートに追加する

愛知県豊川市にある御津山の頂き、三河湾を一望できる絶好のロケーションに位置する料理旅館「呑龍」。味とおもてなしを大切にする旅館で、訪れる観光客の心とお腹を満たす自慢の料理が魅力です。そんな人気の料理旅館「呑龍」が提供しているギフトセットのひとつに『即席赤出し「豆女将」豆腐・ねぎ・三つ葉3本セット』があります。

料理旅館自慢の本格派赤出しをご自宅で

料理旅館自慢の本格派赤出しをご自宅で

『即席赤出し「豆女将」豆腐・ねぎ・三つ葉3本セット』は、3種類の具材が楽しめる本格的な即席赤出しセットです。モチモチとした食感と香ばしさを両立した最中の中から、風味豊かな八丁味噌の赤出しが溶けだしてきます。ほかでは味わえない「呑龍」ならではのおいしさと楽しさが魅力の商品です。ご自宅で楽しむ以外にも、慶事や法事などの引き出物やギフトにもおすすめ。軽くてかさばらないセットなので、おもたせとしても使いやすい逸品です。良質な品にこだわる方や年配の方への贈り物としても喜ばれます。ほっと安らぐあたたかい一杯を、大切な方に贈ってみてはいかがでしょうか。

豊かな香りとうま味を感じる一杯

豊かな香りとうま味を感じる一杯

赤出しを包む最中には国産もち米を100%使用し、風味よく仕上げています。自慢の赤出しに使用する味噌は、地元愛知県の名産として知られる『カクキュー八丁味噌』。さらに天然だしと具材をプラスし、芳醇な香りとうま味が堪能できる一品に仕上がっています。最中の形にもこだわって特許も取得した「呑龍」の自信作です。

菓子職人が手焼きした最中生地が決め手

まずは、最中を焼き上げる工程からはじまります。最中を焼くのは熟練の菓子職人で、丁寧に手焼きで作られているのが特徴。焼き上がった最中に調味料や具材を詰めて出来上がりです。品質管理も怠らず、金属探知機を通して厳密に管理します。完成した商品は笑顔が可愛らしい『豆女将』のロゴをあしらった化粧箱に詰められ、多くの家庭に美味しさが届けられています。

愛知ならではの赤味噌を存分に味わう

隠れ家的な存在として多くのファンを獲得している「呑龍」。看板料理は“カクキュー八丁味噌”を使った『茄子の肉味噌田楽』で、赤味噌をふんだんに使っています。「呑龍」のおもたせは、もともとは中部国際空港への出店を機に八丁味噌料理の商品化に着手したのがはじまりでした。なかでも『即席赤出し「豆女将」豆腐・ねぎ・三つ葉3本セット』は、さまざまな赤出しを何百と味見して作り出された一品です。素材・味・健康のすべてにこだわったオリジナルセットを楽しんでみてはいかがでしょうか。

作る間も楽しい即席赤出し

作る間も楽しい即席赤出し

個包装の最中を取り出したら、指やお箸で真ん中に穴を開けます。穴を上にしてお椀に入れ、穴の部分に熱湯を160cc程度注ぎます。最中の中から味噌汁と具材が出てくるので、10秒待ったらやさしくかき混ぜて完成です。最中を無理に崩さず、裏返すようにかき混ぜるときれいに仕上がります。作る過程も楽しめるので、家族やパートナーと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

さまざまな業界の人々に愛される「吞龍」

さまざまな業界の人々に愛される「吞龍」

料理旅館「吞龍」は、昭和天皇・皇后両陛下や皇太子殿下時代の平成上皇陛下が滞在されたこともある旧蒲郡ホテル「常磐館」で15年間修行を積んだ波多野義能夫さんが、昭和43年に創業しました。三河湾を一望に見下ろす御津山に位置しており、落ち着きのある和の空間のなかで、四季折々の景観とおいしい料理が楽しめます。旧蒲郡ホテル「常磐館」の社長である後藤良吉さんと日本一の支配人と名高い常盤館の専務取締役三村三時さんから学んだ「おもてなしのこころ」を大切に、「トヨタ自動車」や「デンソー」をはじめとした地元企業の支援により50年を越える歴史を歩んできたそうです。料理旅館「吞龍」を愛する人々は地元企業に留まらず、政財界に身を置く方や社寺の方々、スポーツ選手や俳優、料理人、芸人、歌手まで幅広い業界の人々が訪れるといいます。また、最近ではインターネット経由での予約も増えており、旅行サイトの口コミ等を見ると、料理の味からスタッフのおもてなし、宿の雰囲気までさまざまな面が評価されています。

“旨さ”を追求するために食材選びや仕込みに時間をかける

料理旅館「吞龍」では、“旨さを追求するには素材が大事”と考える板長のこだわりによって、食材選びや仕込みに時間をかけているそうです。地元三河の素材・味覚をはじめ、全国津々浦々、各地方の食材を厳選して取り寄せて料理に盛り込んでいるといいます。そんな「吞龍」の名物料理は、愛知県名産の“八丁味噌”を使った『茄子の肉味噌田楽』。“八丁味噌”の旨み・甘み・コクに一技加え、「吞龍」オリジナルの味わいに仕上げられています。「吞龍」こだわりの“八丁味噌”は、通販商品にも使われています。たとえば、「吞龍」オリジナル商品である『料理旅館呑龍の味噌カレー』は、“八丁味噌”の甘みやコクで、うどんにも合うほんのり和風味に仕上げられているのが特徴です。中部空港開港時の出店をきっかけに、「カクキュー八丁味噌」とのコラボレーションにより開発された商品で、2011年・2012年にモンドセレクションを連続受賞しています。「吞龍」の宅配鍋シリーズのひとつ、『三河牛味噌鍋』にも“八丁味噌”が使われています。“八丁味噌”仕立ての出し汁と“三河牛”が味わえる味噌鍋は、家族でちょっと贅沢をしたいときにおすすめです。

宅配の料理・お土産で「吞龍」の味を体験

料理の味とおもてなしにこだわる料理旅館「吞龍」の今後の目標は、はじめてのお客様も常連のお客様も、だれもがゆったりのんびり心地よく過ごせる宿であり続けることだそうです。三河湾を一望に見下ろす特別な空間で、多くの人々に愛されるおいしい料理に舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。なかなか「吞龍」まで足を運べないという方は、ぜひ宅配の料理・お土産で「吞龍」の味を体験してみてください。

商品詳細

・内容量
即席赤だし豆女将「豆腐」4食入・「ねぎ」4食入り・「三つ葉」4食入り 各1箱
・原材料
豆みそ<大豆(遺伝子組換え大豆は使用していません)国内製造>、植物油、もち米、かつお節、てんさい糖、食塩、酵母エキス、昆布、油揚げ、豆腐(又はねぎ又は三つ葉)、豆腐用凝固剤、わかめ/増粘剤(グァーガム)、酸化防止剤(ビタミンE)(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
・原産地(主なもの)
国産
アレルギー:小麦、大豆
賞味期限:製造日から360日
保存方法:常温
商品サイズ:(縦)33.5cm×(横)31.5cm×(高)6.5cm
配送方法:常温
製造者:株式会社吞龍

料理旅館 呑龍の掲載商品