ミートピア

ミートピア

“いいものを適正価格で”がモットー。本格的な専門店の味が楽しめる

“いいものを適正価格で”がモットー。本格的な専門店の味が楽しめる

「ミートピア」は北海道の帯広市にある食肉の販売会社です。創業当初は羊肉をメイン商品としていましたが、現在では豚肉・鶏肉・牛肉と肉全般を取り扱っています。“いいものを適正価格で”をモットーに、安心・安全で、大量生産では決して得られない本格的な専門店の味を目指しているのが特徴です。質の良い“羊枝肉(骨付き肉)”を1頭丸ごと手切りするなど、肉の処理方法にもこだわっています。氷温下でじっくり熟成された肉は圧倒的な旨味と柔らかさが魅力で「ミートピア」秘伝のつけダレに絡めれば、本格的な専門店の味が楽しめます。

1年半で累計7500袋売れたおいしさ

1年半で累計7500袋売れたおいしさ

「ミートピア」は1997年に北海道帯広市で「ミートピアスズキ」として創業されました。以降TV出演やインターネットでの販売に着手しながら経営を続け、2013年に「株式会社ミートピア」として法人化しています。「ミートピア」こだわりの肉は多くの人に楽しまれており、メイン商品の『社長の成吉思汗(ジンギスカン)』は発売から1年半で累計7500袋を超える売上を計上しています。

沿革
1997年4月 北海道帯広市にて「ミートピアスズキ」を創業
2005年7月 STV「どさんこワイド」の田中義武さんのコーナーで『手切りラムジンギスカン』で出演
2007年2月 インターネットでの業務用通信販売を開始
2013年2月 「株式会社ミートピア」へと法人化
2015年10月 現住所である北海道帯広市西24条北2丁目5-95に工場を新築移転
2021年4月 『社長の成吉思汗(ジンギスカン)』の販売開始
2022年1月 『社長の成吉思汗(ジンギスカン)』が「北のブランド2022」に認証される
2022年11月 『社長の成吉思汗(ジンギスカン)』が氷温®食品に認定される
2022年12月 『社長の成吉思汗(ジンギスカン)』が販売開始から1年半で累計7500袋を超える売上を計上する

職人こだわりの味が楽しめる

「ミートピア」では『社長の成吉思汗(ジンギスカン)』『特撰豚塩ホルモン』『秘伝鶏塩小肉』『手切り豚塩トントロ』など、さまざまな肉を販売しています。職人のこだわりの味を試してみてはいかがでしょうか。

『社長の成吉思汗(ジンギスカン)』

『社長の成吉思汗(ジンギスカン)』

「ミートピア」のメイン商品である『社長の成吉思汗(ジンギスカン)』。1頭買いした羊肉を職人が手切りすることで、どの部位でも筋が少なく柔らかな食感に仕上げられているのが特徴です。濃い味付けで肉の臭みをごまかさず、“もみダレ”と“つけダレ”の二度漬け製法で味付けすることにより、肉の旨味を最大限引き出しています。ジンギスカンとしては全国で初めて氷温認定を受けた、「ミートピア」こだわりの一品です。氷温認定とは、食味数値などの厳しい認定基準を満たした食品にのみ交付される認定証のことです。

『特撰豚塩ホルモン』

『特撰豚塩ホルモン』

『特撰豚塩ホルモン』は、豚1頭から150gしか取れない希少部位を職人が1本1本丁寧にもみ洗いしたうえで手切りしています。あらかじめ味付けされていて、こんがりと焼くだけで食べられる手軽さが魅力。プリプリの食感と溢れ出る旨味は、一度体験したらクセになることでしょう。

『秘伝鶏塩小肉』

『秘伝鶏塩小肉』

「ミートピア」の試食会で人気No.1を獲得した『秘伝鶏塩小肉』。北海道産若鶏の“せせり”と呼ばれる希少部位を沖縄の海水塩と合わせて旨味を引き出しています。そのまま焼いて食べてもおいしいですが、唐揚げにするのもおすすめです。

『手切り豚塩トントロ』

『手切り豚塩トントロ』

『手切り豚塩トントロ』は、豚1頭から300~500g程度しか取れない部位から職人が余分な脂などを丁寧に除去して仕上げた一品です。ほどよい霜降りがある、しっかりした身が特徴で、さっぱりした味わいが楽しめます。プルンとした食感は、これまでのトントロとは一線を画するおいしさです。

職人の手によりていねいに加工

職人の手によりていねいに加工

「ミートピア」で販売している肉は、すべて職人の手により丁寧に加工されているのが特徴です。たとえば『社長の成吉思汗(ジンギスカン)』は、以下のような工程を経てお客様の手元まで届けられています。

  1. 1. ニュージーランド産羊枝肉を水槽で完全解凍後、解体・脱骨・整形する
  2. 2. 大きさ・厚みに注意しつつ、一口サイズに手切りする
  3. 3. 成分が沈殿しないようによく攪拌(かくはん)しつつ下味をつける
  4. 4. 真空不良を起こさないよう注意しながら1袋400g(真空プログラム6)で真空する
  5. 5. 金属探知機でチェックする
  6. 6. 製造数を記録し、氷温熟成庫で規定時間熟成する
  7. 7. 平らにして急速凍結したうえで冷凍保管する

羊肉は“臭みが強い”“筋張って硬い”というイメージをもたれがちな肉ですが、「ミートピア」では手作業で筋を取り除いたり、1頭買いで輸送中の品質劣化を防いだりすることで肉のおいしさを保っています。羊肉が苦手だと感じている人も「ミートピア」の羊肉ならおいしく食べられるでしょう。

北海道十勝を代表するジンギスカンにすることが目標

北海道十勝を代表するジンギスカンにすることが目標

“今までにないジンギスカン、最高にうまいジンギスカンを作りたい”という想いから創業された「ミートピア」。社長自ら肉の解体・手切りをするだけでなく、題字も社長自ら筆を起こしています。従来の常識を覆す独自製法にて肉を加工することで、苦手な人が多い羊肉の臭みや硬さを抑え、圧倒的な旨味を実現。その結果、家庭でも専門店で食べるのと遜色のない味わいが楽しめるジンギスカンが誕生したそうです。“十勝の焼肉文化に貢献し、地域社会の豊かな食生活の一助になれるよう日々精進したい”と語る「ミートピア」の次なる目標は、2025年までに「社長の成吉思汗(ジンギスカン)」を名実ともに北海道十勝を代表するジンギスカンにすること。ひと味違う本格的な肉を味わってみたいなら、ぜひ「ミートピア」の肉を試してみてはいかがでしょうか。

【メーカー詳細】
株式会社ミートピア
北海道帯広市西24条北2丁目5-95
TEL:0155-37-2910
創業:1997年4月