商品一覧へ戻る

  • 商品コード:129-A023
  • 土神ときつね
内容
一本の樺の木など、
自分にどれほどの価値があるものかと
土神は繰り返し自分で自分に教えた。

それでもどうしても悲しくて仕方なかったのだ。

ことに、ちょっとでもあのキツネのことを思い出したら
まるで体がやけるくらい辛かったのだ・・・。

Page Top