「メール1通」で贈れるあなただけのギフト

ギフトパッド

「メール1通」で贈れるあなただけのギフト

ギフトパッド

カート

メニュー

カタログギフトで価格を決めて特別なプレゼントを

ギフトパッド TOP > コラム > カタログギフトで価格を決めて特別なプレゼントを

カタログギフトで価格を決めて特別なプレゼントを

カタログギフトとは?


カタログギフトという言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。お祝い事などでプレゼントを用意することがある場合は、これを何度も利用しているという方も少なくないのではないでしょうか。カタログギフトはその名の通り、贈り物としてカタログを購入するのですが、このシステムは1980年代後半から普及が始まり、今では多くのギフトシーンで活用されるまでになりました。
通常私たちが人に何かをプレゼントするとき、特定のものを購入して贈るというのが一般的な方法です。その際には、プレゼントをする目的にあった商品を選定し、相手の好みに合わせるとともに予算も考慮する必要があります。親しい間柄であったり、既に購入を決めている商品があればその方法で困ることはありません。しかし、あまり深い関わりがないなどの理由で相手の嗜好が把握できていないと、膨大な選択肢のなかからひとつに絞らなければならないという困難をきたしてしまうでしょう。
そのような迷いの原因を解決する方法として、カタログギフトという選択肢があります。私たちがよく目にするカタログと同じようなものを購入し、それをプレゼントするのです。カタログにはいくつかの商品が掲載されており、その中から受取人が自ら好きな商品を選ぶことができます。そして希望の商品を申し込むと、実際に選んだ商品が手元に届くという仕組みです。
カタログギフトの最大のメリットは、「贈り主がプレゼント購入に迷わない」という点です。プレゼントするからには相手が望むものを贈って喜んでほしいものですが、何が嬉しいか分からないとなると最終的には無難なものを選ぶしかないという結果にもなりかねません。いくつかの商品から好きなものを選んでもらえるカタログギフトであれば、相手もさほど気を遣うことなく希望のプレゼントを受け取ることができるのです。贈る側も受け取る側も気負わず選べますから、プレゼント選びに苦戦する人にとってはとくに需要の高い贈り物でしょう。

ギフトシーンでの実用性


社会人のあいだで特に知名度を高めているカタログギフトですが、さまざまな場面で活用することができるため、多様性のあるプレゼントだと言えるでしょう。ひとつの商品に決めてプレゼントするのも、カタログから選んでもらう方法も、日常的ではないという点に変わりはありません。しかし贈り主がカタログギフトを選び、受け取った人がその一冊のなかから吟味して欲しい商品を見つけるというのは、カタログギフトならではの特別な時間になるでしょう。
カタログに掲載される商品の選択肢も、ジャンルが決められているわけではありません。例えば「スイーツ」と「かばん」という組み合わせのように、まったく異なったジャンルを1冊のカタログに掲載することが可能になっているのです。性別や年代を考慮したカタログギフトも多数販売されており、美容に敏感な女性向けへのカタログやご当地グルメが好きな方向けのカタログなど、その種類は実に多岐にわたっています。
結婚祝いや飲食店などの開業祝いにも活用されるカタログギフトですが、「お返し」としてプレゼントすることも多くなっています。お返しで定番といわれる贈り物のひとつに、タオルセットがあります。定番でも立派な贈り物ですが、それ以外の高価すぎない商品をカタログにしてプレゼントすることで、いつもと違った少し特別なお返しができて感謝の気持ちもより強く伝わるでしょう。さらに食べ物や家電製品などの商品に加え、エステや旅行などのサービス商品が載ったカタログにすることも可能です。

カタログギフトの価格


プレゼントする商品の価格に大幅な差があるように、カタログギフトにも選べる価格帯があります。ギフトシーンにおいてはそれぞれの相場というものが少なからず存在しますが、安すぎず高すぎないという値段設定のもとでプレゼントすることももちろん可能です。商品をカタログにしてプレゼントするわけですから、商品の数だけカタログの価格の幅も広がります。特別な祝い事でなくても、何かのお礼にプレゼントしたいという場合に、比較的安価な商品をカタログにして選んでもらうこともできるのです。もちろん、大きなイベントやお祝いで、高価だからこそ好きなものを選んでほしいという場合にも活用することができます。
どんな場面であれ、プレゼントをするときには必ず予算を決めなければなりません。先述したように、プレゼントの目的としてふさわしい値段の範囲というものがあります。さらに、お互いが気をつかわずに関係を深められる贈り物を選ぶためにも重要な過程だといえます。カタログギフトでは、この価格の範囲さえしっかり把握できれいれば、あとはいくつか商品の候補を収集するだけでプレゼントは完成していきます。相手を想っていくつもの商品を選定するのも楽しいですし、贈られた相手も豊富な商品の中から本当に欲しいものを選ぶことができるのもカタログギフトならではの特徴でしょう。

次の記事へ

TOP

ご利用ガイド|PC・スマホからメールで送れるソーシャルギフト