「メール1通」で贈れるあなただけのギフト

ギフトパッド

「メール1通」で贈れるあなただけのギフト

ギフトパッド

カート

メニュー

カタログギフトの利用方法やその魅力

ギフトパッド TOP > コラム > カタログギフトの利用方法やその魅力

カタログギフトの利用方法やその魅力

カタログギフトの利用方法について


カタログギフトは、複数の商品から自分好みのものを選択して、それを自宅まで配達してもらえるギフトです。一度に多数の相手に贈り物をする必要がある場合などに利用されることが多いです。例えば利用方法として挙げられるのが、株主優待券です。基本的に上場している企業は自社の資金だけでなく株主から資金を集めて運営をしているので、感謝の気持ちを何かのプレゼントなどで表現している企業も多いです。中には自社株を所有してもらうために魅力的な株主優待券を準備して資金を集めようとしている企業もあります。そのような企業でおすすめの株主優待券がカタログギフトです。また、株主優待だけでなく株主総会の出席者に配る目的で準備する人も多いです。
また、一般的によくギフトとして利用されるのが結婚式の引き出物です。結婚式場を借りて結婚式を行う人は多く、友達や同僚などを披露宴にゲストとして招き、披露宴が終わったら引き出物として来場してくれた人に渡す機会も多いです。そのような場合に引き出物としてカタログギフトを利用する人が多く、祝い事にも活用できます。さらに、引越し祝いなどの祝い事などにも利用することができます。
実際にカタログギフトはノベルティとしても利用されることがあります。ノベルティとは宣伝のために何かの商品を準備して渡すものです。企業が利用すれば商品を購入してくれる人を増やすことができたり、サービスを利用してくれる人を増やしたりすることができます。実際に取り入れている企業も多く存在し、様々な場所で利用されています。
その他の利用方法としては、ご成約ギフトとして利用する方法があります。基本的に契約が成約した時にプレゼントを毎回行う企業は少ないです。しかし、実際に新しくお店をオープンした時や、移転をした時に一定期間だけ成約できた方にギフトとして配るケースもあります。
このように実際に利用方法はたくさんあるので、もし何か祝い事や感謝の気持ちを伝える機会がある人、ノベルティグッズの準備を検討している人は一度利用を検討してみるといいでしょう。

カタログギフトを利用する魅力とは


祝い事やノベルティグッズに活用できるものは多いですが、なぜカタログギフトを利用する人が多いのでしょうか。その理由は魅力があるからです。
例えば魅力として挙げられるのが、商品選択の迷いの負担を少なくできることです。基本的に相手が喜ぶものを選択したいと考える人は多いです。もし相手の好みでないものを選択してしまえば、受け取ってもらうことはできる可能性が高いですが、使ってもらうことはできません。使用されないものは部屋の隅に片付けられてしまう可能性もあります。そのような場合にカタログギフトを選択すれば複数の中から選択ができるので、自分好みのものを選択してもらえる可能性が高くなります。
その他の魅力としては、金額や内容によって渡すギフトを変えていたとしても、受け取った人に気づかれる心配を少なくできることです。イベントなどでカタログギフトを利用する時は、商品に差をつけたいケースもあります。例えば契約してくれたプランに応じて渡すカタログギフトを変更したりすることもあります。もしそれを大きさの分かりやすい商品として渡した場合は、大きさやその形などで差をつけたことが周囲の人に気づかれてしまうこともあるので、イベントなどに参加してくれた人の中には不快感を抱く人もいるかもしれません。そうなると、企業などではイメージが下がってしまうので、どうにかしたいと考える企業も多いでしょう。しかし、カタログギフトを選択すれば、値段に応じてサイズや大きさが異なることは少なく、デザインの違いがある時は紙袋などで隠すことで他の人が把握できないように渡すことができるので、一定の利点を感じることができます。

カタログギフトを利用するための業者の選び方のコツ


実際にカタログギフトの準備を検討している人も多いですが、このサービスを提供する業者は多いので選び方に迷う人も多いです。そこで、ここでは基本的な選び方について説明します。
まず、利用シーンに合った商品が準備されているかどうかです。例えばイベント参加者の多くが男性であるイベントにおいては男性が普段から使用するものが揃っているものを選択します。イベントによって参加する年齢や性別が異なるので、それぞれの対象者が利用する商品を扱うところを選択すれば受け取った方はより好みのものを選択できる可能性が高いです。
次に、準備までどのぐらいの時間がかかるのかを把握します。基本的に引き出物やイベントで活用する時も開催日に間に合わせなければならないので、あらかじめ確認しておくと当日までに余裕をもって準備することが可能です。さらに、導入事例などを確認します。導入事例では既に利用した方の感想などが述べられているので実際に業者を選ぶ時に活用できます。

次の記事へ

TOP

ご利用ガイド|PC・スマホからメールで送れるソーシャルギフト