「メール1通」で贈れるあなただけのギフト

ギフトパッド

「メール1通」で贈れるあなただけのギフト

ギフトパッド

カート

メニュー

贈り主にとって選択肢の多いカタログギフトの商品をご紹介

ギフトパッド TOP > コラム > 贈り主にとって選択肢の多いカタログギフトの商品をご紹介

贈り主にとって選択肢の多いカタログギフトの商品をご紹介


常日頃世話になっている人に対してプレゼントをするにあたって



私たちは日常的な生活の中において、日ごろからお世話になっている人などに対し、お中元やお歳暮などをはじめとした贈り物をするシーンが多くあります。そのような場面では、プレゼントする品物の選び方にも気を配ることが大切になってきます。贈る品物を選び間違えて、相手の趣味や趣向に合わないものを選択してしまうと、せっかくプレゼントをしても相手に喜んでもらえる可能性が低くなります。そればかりか、場合によっては、迷惑に感じられ、贈った品物をすぐに捨てられたり、第三者にあげたりされてしまうリスクさえも生じてくるので、注意する必要があります。

何かをプレゼントされれば、その気持ちは、相手が誰であってもうれしく感じられることでしょう。ただ、せっかく贈り物をするのであれば、少しでも喜んでもらえる品物を選びたいところです。そういった願いを叶えるためには、カタログギフトを活用するのも選択肢の一つになります。こちらは、特定の品物を贈るのではなく、さまざまな商品が掲載されているカタログをプレゼントし、相手に自分でアイテム選びをしてもらうという方法になります。この方法であれば、相手の趣味や趣向が分からない場合でも、安心感を持ってプレゼントをすることができるので、日ごろから付き合いがあまりない相手に対する贈り物としてもぴったりです。このように、相手に商品を選択してもらうカタログギフトは、プレゼントする品物を選ぶためにかかるエネルギーや時間、コストを節約することができるほか、アイテムを選び間違えるリスクも低くて済むというアドバンテージがあります。



新しいスタイルのカタログギフトとして登場したソーシャルギフトに関する情報



従来であれば、カタログギフトは、紙仕様のカタログをプレゼントするというものでしたが、最近では、デジタル化の流れを受けて、インターネットの接続環境があるパソコン、スマートフォンなどのIT機器を活用した、ソーシャルギフトと呼ばれるカタログギフトの選択肢も登場してきているので、気になる方にはチェックしてみることをおすすめします。

こちらの方法であれば、プレゼントをするにあたって、屋外に設置されたギフトショップなどを訪れて手続きをする必要はありません。そのため、実店舗の営業している日時や場所を事前に確認し、それらの条件に合わせて現地へ出向く必要がなく、負担する手間暇や費用が軽くて済むというメリットがあります。こちらは、ビジネスや家事、育児、勉強などに追われ忙しい日々を送っていて、実店舗を訪れて手続きをする時間的余裕がないという人にとっても利用価値の高い方法と言えます。

また、パソコンやスマートフォンを活用できるスタイルの商品は、必要な環境・機器さえ用意してあれば、時間や場所の制限を受けずにアイテムの比較や検討、注文手続きを行うことが可能になります。そのため、プライベートタイムや、仕事の休憩時間中、家事や子育ての合間などに、自宅や職場、通勤・通学の途中など、さまざまなシーンで手続きをすることができるという魅力があります。



贈り主の選択肢を増やすためにおすすめのギフト商品について



カタログギフトの中でも、パソコンやスマートフォンを活用したスタイルのソーシャルギフトは、比較・検討や注文の手続きを行う際の時間的・場所的な自由度が高く、贈り主にとっての選択肢が豊富に存在するものになっています。こちらは、プレゼントする品物を選んだり、注文したりするために、屋外のショップを訪れる必要がないので、かかる負担が軽くて済み、スムーズに、かつスピーディーに手続きを進めることが可能になります。

この方法であれば、贈り物をしたいと思い立った時、すぐにアクションを起こすことができるので、諸々の事情から、急いで手続きをする必要性に迫られている場合でも安心です。また、お中元やお歳暮などを多くの人たちに贈りたいという場面では、手続きにかかる負担もそれだけ重いものとなります。そのような場面でも、ソーシャルギフトを活用する場合、手元の端末を使用して、ウェブ上の操作を行うだけで手続きが完了するので、従来の方法よりも負担が軽くて済みます。

また、ソーシャルギフトの場合、スタッフと口頭でやり取りし、手書きの書類を使用して手続きを行うのと比較して、手続きのプロセスが簡略化され、証拠となるデータも簡単に保存することができるため、ミスや後のトラブルが発生するリスクが低いというアドバンテージもあります。そして、屋外に設置されたギフトショップなどと比較して、商品の選択肢が多いのも魅力的です。

その他に、重くてかさばる品物を従来の方法で手渡しする場合、贈る方ももらう方も、持ち運ぶ時にそれだけ多くの負担がかかります。こちらの問題も、商品の実物を手渡しする機会のないソーシャルギフトであれば、解決することが可能になります。

次の記事へ

TOP

ご利用ガイド|PC・スマホからメールで送れるソーシャルギフト