「メール1通」で贈れるあなただけのギフト

ギフトパッド

「メール1通」で贈れるあなただけのギフト

ギフトパッド

カート

メニュー

Webカタログを使うということは大きなメリットがある

ギフトパッド TOP > コラム > Webカタログを使うということは大きなメリットがある

Webカタログを使うということは大きなメリットがある

紙媒体から進化したWebカタログ


これまでのカタログといえば、紙媒体のものばかりでした。印刷された商品や情報を見ながら比較したりしていきましたが、どうしても厚くて大きな冊子になりがちでした。そこで、現在はWebカタログというかたちが進んできています。タブレットやスマホさえあれば、すぐに見ることができるようなものであり、さまざまなメリットを持っているところが重要です。活用の仕方次第で、大きな価値を生み出していくことでしょう。
Webカタログはインターネットの普及とともに拡大していきました。現在では情報端末の発展とあいまって、タブレットやスマホで見られることも多いため、あまりに画像サイズが小さいと効果をあげにくいといった可能性も考えられます。そのため、何で見るのかによってサイズや表示が変わるようにするといった対応も取られるようになりました。かつては読み込み速度が遅いという難点もありましたが、言語や技術の進化によって、この点についてもかなり改善されており、ストレスを感じずに見ることができるようになっています。
なぜ、Webカタログを利用するのかといえば、他にもいろいろなメリットがあるからです。印刷するわけではありませんので、資源を無駄にすることはありませんし、コストは大幅に下げられる可能性があります。インターネット上では、いくら多くの人に見られてもコストは変わりません。製作コストがかかるとはいっても、数多く印刷するようなコストは必要にならないため、シーンにもよるとはいえ、比較的安価に製作できるケースも多いでしょう。

検索エンジンとWebサイトとの連携


インターネット上に設置することが重要であり、これがポイントになってきます。情報がいくら増えても、簡単に更新することができるのはメリットでしょう。さまざまな情報をプラスすることが容易であり、更新することができるようになっています。管理画面も専用のものにすることで、即座に対応できるということが大きいでしょう。
言語の進化による読み込み速度は、操作性の向上ももたらしました。レスポンスの向上を狙うことができるようになり、見やすく加工することができます。紙媒体のようにめくる感覚をつけることもできますし、負担も少なくなったことから、大きな価値が広がってきたといえるでしょう。これも言語の進化によって、ファイルサイズを大幅に小さくすることができるようになったためであり、紙媒体のような良さももたらしました。
これが、Webサイトの動線ということにも使えるようになり、さまざまな情報とリンクさせることができます。プッシュ広告に近い使い方ができますし、情報をリンクさせることによってレビューを見てもらうような形が取れることから、大きな効果をあげることができるといえるでしょう。印刷した媒体を考えると、複数の人で情報共有することは難しいといえます。同時進行で情報の共有は不可能に近いでしょう。ところが、インターネットを活用しているWebサイトには、こうした制限もありません。リアルタイムで情報の共有ができるため、効果を高めることが可能です。さらに、複数のカタログでも、管理は一括でおこなうことができます。担当者が多くの資料を持っていく必要がなくなり、タブレットやスマホといったインターネットに接続できるものがあれば、その場で展開可能です。メールなどでも画像添付がいりません。アドレスを知らせることによって、多くの情報を共有することができますので、手軽に進めていくことができるでしょう。

物理的な制約を受けず他のシステムの連携も図れる


物理的な制約を受けないのがWebカタログのメリットともいえるでしょう。いつでもどこでも出すことができるようになり、検索エンジンに影響を与えることもできます。つまり、本来はカタログを送ったりしなければ知られないようなことでも、検索エンジンから興味のある人に向けて発信することが可能です。配布するたびに資材を消費することもありませんので、大きな効果をあげることは間違いありません。さらに、消費もされることがありませんし、郵送のコストをかけることもないでしょう。距離も全く影響を受けることがなくなり、どこにいても見ることができるようになります。これが、タイムロスということを起こしません。Webカタログであれば、届けなくても見ることができるメリットがあります。ニーズが覚めてしまう前に勧めることができるため、成約率などを気にする場合でも、効果をあげることができるといえるでしょう。
プレゼントギフトに使うこともできるようになり、SNSのメッセージやメールに添付すれば、好きなものを選んでもらうことができます。ポイント交換システムなども組み合わせることが容易であり、長い息の顧客を作り出すこともできるのですから、多くのメリットを持っている方法といえるでしょう。

次の記事へ

TOP

ご利用ガイド|PC・スマホからメールで送れるソーシャルギフト